むてんか

オトナの女磨きで綺麗な身体と心になるブログ

【繊細さんの本】HSPってマイルール作れば楽になる。オリラジ中田さんのコメント&総まとめ

こんにちは、むてんかです。

four person hands wrap around shoulders while looking at sunset

先日、HSP(敏感さん)について書きました。

【HSP】生きづらさを感じている、音がうるさいと感じる、人の気持ちが分かりすぎて疲れる人はHSPかも? - むてんか

昨日、オリエンタルラジオ中田さんがHSPの本でベストセラーとなった「繊細さんの本」解説YouTubeを発信されていました。

 中田さんは繊細さんではない「非繊細さん」だそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=3xDnLYswngs

https://www.youtube.com/watch?v=DcRBSBkY9Ho

YouTubeは簡潔にまとめられていましたが40分あるので、総まとめをしました!

繊細さんも非繊細さんもぜひ読んでみてください。

繊細さん(HSP)とは「気づきすぎて疲れる人」

①人といると疲れる

②他人の雑さが気になる

③機嫌が悪い人がいると苦しい

HSPは性格ではない!(5人に1人の生まれつきの脳システム)

 振り回されず対策をとる!

①誘いや頼み事を断ってもいい

繊細さんはいい人でいないといけないと思いがち、だから断らない人を好きな人が寄ってくる。素を出し断っても、あなたが好きだという人が寄ってくる。人間関係が適切に変わってくる。

②苦手な人や物を嫌っていい

嫌いという感覚は大切、それは相性が悪いということ。苦手な人に倍笑顔になっちゃう繊細さん。第一印象で苦手と思ったらそれは当たっているので、避けていい。

③相手がなぜ機嫌が悪いか確認していい

機嫌の悪さを私のせいかも?と思いがち。イライラしてます?どうしましたか?と確認していいんです。私の出したコーヒー美味しくなかったですか?とか。だいたい自分のせいじゃなくて、察しすぎなだけ。

④困ってそうな人を助けなくていい

頼まれてないのに先回りして助けちゃう、しかも余計なおせっかいって言われちゃう。

まず、我慢して「待つ、見守る」。口出しもしないで。

⑤ちょっとしたことでも頼っていい

 頼る発想をもつ。頼るなんて!と思いがちだけど、頼っていいんです。

無理だろうと思わず、できるか確認する。意外とやってくれます。

「ちょっと、そこのお醤油とって」から言いましょう。

誰か使うんじゃないかな?とか思わなくていいですから。

頼んだら信じて任せる。いちいち確認すると自分がまた引き受けがち。 

⑥めんどうなコトから逃げていい

逃げていいよ、この職場から、人間関係から。

仕事、学校、親、夫婦、子供、すべてから逃げていい。

電話も全部でなくていい、3件のうち2件無視していいとマイルール作ればいい。

ホリエモンは一切電話に出ないというルールあるよ。

people holding shoulders sitting on wall

合言葉

・とりあえず

はじめる前にいろいろ考えちゃうから、とりあえずやっちゃう、とりあえず聞いちゃお。

・ちょっとお願い

醤油と一緒、ちょっとと入れたら言える。

・ひとつひとつやろう

自分の仕事もすべてきっちりしないといけないと思っている。考えすぎて、やることが多くなるとパニックになる。全部大事だと思っている、しかも優先順位が苦手だから、「ひとつひとつやろう」と言ってやりはじめちゃう。

仲間を見つける

繊細さんなんだと自覚する、非繊細さんは繊細さんがいるということを知る。

大丈夫です、5人に1人は繊細さんなんですから。

繊細さんを見つけにいく

繊細さんが好む店は繊細さんが自然と集まる場所。五感が鋭いから、似てる店が好き。

繊細さんが好むものはヨガ、薬膳のお店、哲学カフェ。

繊細さんを見つけてもらう

SNSで好きな物を発信する。

繊細さんと一緒にいると気が楽になります。自分のままでいられたら人は元気になる。

オリラジ中田さんのコメント

誘いを断れないなんて大変ですね。う~んやっぱり無理!って言っちゃえばいいよ、私は大胆に断るし返事をしないこと…あるよ!

嫌いな人に笑顔しちゃうなんて!私はあからさまに嫌そうな顔だせちゃいます。

機嫌悪そうなやつには、なんなんだよ!って言っちゃうよ。

醤油とってが言えないの?うそでしょ~衝撃的でした。

けど、よ~く思い出したら、私も学生時代ものすごく繊細さんだった。

けど、今は超非繊細さんです。マイルールきめてやっていけば治ります。

まとめ:自分のままでいられたら人は元気になる

two persons forming love fingers

私もかなり「繊細さん」です。
ここで私が注目したのは、中田さんの発言です。
中田さんはかなりの「非繊細さん」だと言う。

何でもバンバン言っちゃうし、お願いしちゃうし。
けれど「昔は繊細さんだった、繊細さんは治る」って言うんです!
繊細さん(HSP)は生まれもった気質です。気質ってかわるの?ってびっくりしませんか!

実は繊細さんはその気質が強く出るときと、さほど出ないときがあるって私自身も感じています。

私が強く出たときは、子供が産まれて家に引きこもりになったとき。
そして、このコロナ自粛中もかなり敏感さんになりました。
マンションの騒音に気をつけましょう、と張り紙が出たら、私の家が言われてるの?と落ち込みました。

逆に気にならなかった時期は、学生時代、敏感さんではなかったですね。

あと仕事に明け暮れている時、管理職だった時はガンガン攻めて生きていました。

ガンガン生きていると繊細な気質が薄れて、勝手にマイルール作っているのかな?

なんて思ったりします。

 

「自分のままでいられたら人は元気になる。」

この本に出会えたことで、きっと私たち繊細さんは楽に生きていける。

そう思っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村