むてんか

オトナの女磨きで綺麗な身体と心になるブログ

あなたはストレス対処法、知っていますか?

メンタルケアできていますか?

ストレス対処法を知ろう

コロナに経済と心配はまだまだ続きますが、お家時間が長引いているからこそ知ってほしい事があります。

私は前から言っておりますが、メンタルケアをして自分を守ってほしい。どんなに経済が悪化しても、またやり直すことはできますが、自分自身が壊れてしまってはどうにもなりません。人との直接的な関わりあいが減っている今、誰もあなたの不調に気付いてくれません。自分のメンタルが正常でストレス発散が適度にできているのか、自分で自分に問いてほしいのです。

f:id:MUTENKAYUMI:20200508225648j:image

今日は特にストレスについて、専門家から学んだ方法をもとにお伝えします。

 

5つのストレス対処法

 

①自分がリラックスできる方法を知っておく

コーヒーを飲む、読書をする、甘いものを食べるなど。

 

②人に話を聞いてもらう もしくは書き出す

ネガティブを吐き出す。家族や友人に話を聞いてもらう、そうすることで共感力や受容力も高めることができる。もしくはすべてを書き出す。

 

③再検討して新しい適応の方法を探す

自分の考えの癖を検証して、ポジティブに考えられる方法を探す。例えば職場に苦手な人がいる場合、反面教師としてとらえる、部署を変更するなど。

 

④まわりに協力を求める

これができない人が多いのですが、自分が思っているより周りの人は親切です。困っている、助けてほしい、言葉に出すことで思いのほか違った道があったりするのです。

また、信頼できるメンター(コンサルタント、カウンセリング、信頼している人)を持っておくのも一つの対策です。

 

⑤ストレスそのものをなくしてしまう

人はある出来事があり、それに対する感情を行動に表すときにストレスを感じます。例えば早朝の仕事で毎日起きれない、遅刻する。起きれないのに起きなければならないというストレス。それなら、もっと遅い仕事に変更するなどする。

 

こういうストレスの対処法を知っているだけで、客観的に自分を見ることができます。モヤモヤしたものが形になると解決方法もみつけやすく、結果自分を守ることになりますので、ぜひストレスはきちんと対処していきましょう。

 

最後にとってもいい方法をご紹介します!

「セルフトーク」を観察しよう

頭の中のおしゃべりをセルフトークといいます。意識していなくても、頭の中は何かしゃべっていますね。脳内で無意識に発するトークは気分に影響を与えます。ネガティブなセルフトークをしているとネガティブを強める。ということです。

 

自分がネガティブなセルフトークをしているな、と思ったらこの対処法をしてください。

①ありのままのセルフトークを書き出す 

②すべて書いたら最後に「という思考があった。」と書き足す

③何度か読み返す

この対処法をすることにより、ムカムカが減ったり内面を見つめることができます。書き出して見つめる、外から眺めることで客観的になり、何度か読み返すうちに身体の感覚に変化が起こります。ぜひ、試してみてください。

 

 

自分で考え、英語を発するスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

"見た目を変える"化粧水